スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢健二/幸せな夢(「魔法的」ライブレポート)


5月25日(水)、26日(木)
小沢健二 魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ.
Zepp Tokyo

2012年の「東京の街が奏でる」以来、約4年ぶりとなる小沢健二のライブツアー。この間の小沢健二における最大のニュースごとといえば、長男・凜音くんの誕生であろう。今回は新曲をいくつか披露するという。それらの曲には父親となった小沢健二の新たな視点が加えられているのだろうか。そして、何が「魔法的」なのか。そのあたりに注目してみようと考えながら、「ゆりかもめ」に揺られて会場へと向かった。


1曲目は「昨日と今日」。照明は全て落とされ、ステージ上は幕がかかっていて何も見えない。時折、バックライトにより演者のシルエットが映る。アップテンポにアレンジされた曲に合わせ、息を継ぐ間もないような胸の高まりを覚える。いよいよ始まる。

2曲目。ステージ上の幕に「魔法的」のロゴが映し出され、幕が下り、演者の姿が現れる。そして、ミドルテンポの新曲「フクロウの声が聞こえる」が歌われる――

といった具合に、新曲ほか「大人になれば」「ドアをノックするのは誰だ?」「天使たちのシーン」など既存曲を織り交ぜつつライブが進行していく。

ライブの様子などはまた別の機会に書くとして、今回は「フクロウの声が聞こえる」という新曲がワンステージの中で2度歌われることについて触れてみようと思う。


そう、2曲目で演奏された「フクロウの声が聞こえる」がライブのアンコールとして再び歌われるのだ。なぜ、新曲が2回歌われるのだろう。

軽い疑問を抱きつつも、まずは耳になじませようと全身をリズムに委ねつつ2回目の「フクロウの声が聞こえる」を聴くことにした。そして、ステージ上に映し出された歌詞をぼんやり眺めながら、あることに気が付いた。

ちゃんと食べること 眠ること
退屈を恐れずに進むこと
いつか絶望と希望が一緒にある世界へ

震えることなんてないから
泣いたらクマさんを持って寝るから
いつか本当と虚像が一緒にある世界へ

ひょっとするとこの曲は子守歌ではないのか。これから混沌とした日常へと踏み出していく、凜音くんに対するメッセージが込められているのではないだろうか。夜な夜な歌い聞かせている小沢健二の姿が思い浮かび、「彼ならやりかねないな」とにんまりしてしまった。

でも、ここはライブ会場。たくさんのいい大人達がこんなにも熱心に耳を傾けている。この曲が子守歌だと仮定すると、「魔法的」では以下のような意味を持つのかもしれない。

フクロウは夜に活動する生物だ。かたや、夜のあいだ多くの人間は寝ている。そして、すやすやと夢を見たりもする。つまり、「フクロウの声が聞こえる」時間帯には、人間は夢を見ているとも言える。よって、「魔法的」における「フクロウ」は、「夢」へと導く象徴として扱われているのではないだろうか。

この仮説に沿うと、1回目の「フクロウの声が聞こえる」という子守歌を起点に、会場のみんなは夢の中へいざなわれていくことになる。そしてライブは進行していく。

みんなにとって青春の象徴であろう小沢健二が目の前にいる! ルックスはびっくりするぐらい当時のまま! ギターかきむしってる! 懐かしい曲もたくさん! あの頃の気持ちを思い出して、みんなと歌って、踊って過ごせて嬉しい! いつまでもこの空間にいたい! と、夢のようなひと時を過ごす。

しかし、楽しい夢から目が覚めるときがくる。

その終点は、2回目の「フクロウの声が聞こえる」が演奏されたときだ。曲が終わり、「5! 4! 3! 2! 1!」とカウントダウンが告げられ、小沢健二は「日常に帰ろう」と言う。ここで夢が終わるのだ。

このライブツアーは、小沢健二がみんなに夢を見させるために用意した場なのかもしれない。ロック、ポップ、文学、哲学、王子様……みんながそれぞれ思う小沢健二像が詰まっている素敵なライブだったと思う。みんなに幸せな夢を見させてくれるなんて、まるで魔法みたいじゃないか。

そう、この白昼夢ともいえる共有体験そのものが「魔法的」と言うのではないだろうか。

(ライブの最初に演奏される「昨日と今日」については、「ディズニーランド」で言うところの、舞浜駅と入場ゲートまでをつなぐあのスロープのような、気持ちを高ぶらせる導入的な役割なのかもしれない。「昨日と今日」というタイトルからも、「日常と夢」という対比について暗示しているかのかも)


今回、新曲として用意されたのは7曲。どれも個性的で「LIFE」と「Eclectic」の中間に位置するようなポップソングばかり。ライブに行けば、お気に入りが1曲はできるんじゃないか。それぐらい完成度は高い。しかし、これらは音源としては発売されないのではと思ったりもする。

とすると、新曲はCDでもデジタルもなく、みんなの記憶の中に存在するだけのものになる。みんなは、その記憶を励みに日常を生きていく。日常を過ごすうちに、しだいにメロディーも歌詞も忘れて、楽しかった想いだけが残る。そして春のある日、ふと思うのだろう。もしかしたらあれは現実ではなく幸せな夢だったのかもしれないと。夢が夢ならそれでも構わない、とも。

そんなことを小沢健二は望んでいるんじゃないかと、帰りの「ゆりかもめ」の中で思ったのでした。小沢健二がいる、という安心感のゆりかごに揺られながら。

※セットリストは、5月25日(水)、26日(木)共に同じ

01. 昨日と今日
02. フクロウの声が聞こえる(新曲)
03. シナモン(都市と家庭)(新曲)
04. ホテルと嵐
05. 大人になれば
06. 涙は透明な血なのか?(サメが来ないうちに)(新曲)
07. 1つの魔法(終わりのない愛しさを与え)
08. それはちょっと
09. ドアをノックするのは誰だ?
10. 流動体について(新曲)
11. さよならなんて云えないよ
12. 強い気持ち・強い愛
13. 超越者たち(新曲)
14. 天使たちのシーン
15. 飛行する君と僕のために(新曲)
16. ラブリー
17. その時、愛(新曲)

<アンコール>
18. シナモン(都市と家庭)~フクロウの声が聞こえる(新曲)

スポンサーサイト

小沢健二/ツアー先行受付を発表


1/31(日)夜、「小沢健二ツアー 魔法的」のチケット先行販売が2/1(日)12:00より行われることが告知されました。

これに合わせ、チケット販売サービス イープラスに同ツアーの専用ページが公開。先行受付期間は「2月1日(月)12:00~2月14日(日)23:59」とのこと。一定期間を設けていることから、この先行受付は先着ではなく「抽選」ということでしょう。2月1日(月)12:00ぴったりにPCに張り付く必要はありません(良かった…)。

イープラスのサイトを見ると「第1次先行受付」と書いてありますが、「2次先行」が行われる可能性はほぼ無いでしょう。と言うのも、先行用のチケット枚数は予め決められていて、1次先行でその予定枚数が埋まってしまった場合、2次先行は行われないことが多いからです。ツアーが発表されてからのネット上でのファンの過熱ぶりを見ていると…まぁ相当な競争倍率になってしまうのは窺い知れますよね^^;

という訳で、ツアーに行きたければ絶対にこの先行期間に応募しておきましょう! 他のチケット販売会社で取り扱われる可能性もありますが、こういったライブでは最初に先行受付をしたところが予定枚数を一番確保していることが多いですし。

あと、先行期間でチケットを捌ききって、一般販売時にはチケットがほとんど残っていないことなんてザラですす(主催者からしたら、早いうちにチケットを売り切った方がリスクが少ないので当然のことですね)。このチャンスを逃したらオークションで高値で買うしかないぐらいに考えておいた方がいいでしょう。

そんな訳で、みなさん「2月1日(月)12:00~2月14日(日)23:59」期間に絶対に申し込んでおきましょうね!!

なお、チケット先行販売が告知されたJ-WAVEのラジオ番組「ROCK WITH YOU」では、1/20(水)に行われたシークレットイベントで披露された小沢健二による朗読が放送されました。今回のツアーでは朗読は無いようなので貴重な音源となりますね。番組自体への小沢健二本人の出演はなく、先行販売の告知は同番組のパーソナリティーであるハマ・オカモトと二階堂ふみにより読み上げられたかたちです。

» 続きを読む

小沢健二/渋谷クアトロでシークレットライブ開催か?


1/19(月)、渋谷クラブクアトロに“謎の小沢健二ポスター”が張り出されたらしいとの情報がネットで話題になりました。ちょうど1/19は、Tahiti 80の1stアルバム再現ライブを見に渋谷クアトロに行くことになっていたので、そのポスターを撮影してきちゃいました。

0119_ozkn.jpg

小沢健二
魔法的
Gターr ベasス Dラms キーeyズ
あす1月20日午後3時
渋谷クアトロ

うーん、1/20(水)に渋谷クアトロで小沢健二がライブをやるのかな? 暗号からするとギター、ベース、ドラムス、キーボードのバンド編成? 詳細は何も発表されていないので、現時点ではポスターに書かれていること以外は不明です。

でも、渋谷クアトロのライブスケジュールを見ると1/20が空欄になっているので、シークレットライブをやってもおかしくない状況!


仮に1/20にシークレットライブをやる場合、ライブハウスツアーの告知を行うんじゃないかなーと予想しています。東名阪のZeppにもこのポスターが掲示されていたとのことなので、確度は高いんじゃないでしょうか。

思い返せばちょうど6年前の1/19は「ひふみよツアー」の開催が発表された日でもありました(当時のブログ記事はこちら)。このときは、ツアー日程・会場の発表も同時に行われたので、明日ツアー告知が行われるならば同様に日程も併せて発表するんじゃないでしょうか。


ライブやるならフリーライブになるのかな。渋谷クアトロのキャパはわずか800人。平日の昼過ぎとはいえ、周辺には入場できないかった人でごった返すような気がします。既にTwitterではざわつきまくってますからね。

私は仕事で行けないんですが、会場に入れなかったとしてもそのごった返しの輪にだけでも加わってみんなと共有体験したいなーと思っちゃいます。いずれにせよ、明日は小沢健二周辺で何かしらの動きがありそうです。期待して待ちたいと思います!!

小沢健二/『超LIFE』先行上映トークショー@シネクイント


2014年12月17日(水)に発売される完全限定生産DVD『超LIFE』を記念して、11/29(土)に行われた同作の劇場先行上映&トークショーに行って来ました。

東京でのトークショーはこの初日のみということもあり、チケットは即完売。当日は、小沢健二の過去のPVを多数手がけた『超LIFE』の監督タケイグッドマンと、スチャダラパーのBoseによる”制作裏話”や”オザケンルール”といった逸話の数々が語られ、小沢好きにとってはたまらない一夜となりました。

その模様を、文字に起こしてみたので良かったらご覧くださいー。「LIFE発売20周年を記念して、何かが起きたらいいな」と淡い願望を抱いていたファンの気持ちを具現化するかの如く、さらっとポップに、当時の息吹が伝わるライブ感たっぷりな映像に仕上げてくれたタケイグッドマンさんの尽力に感謝!

※11/30(日)の上映後、タケイグッドマンが登場し、「ゲストです」と小沢健二本人を呼び込んだみたいですね。このあとも上映会は続くので、小沢本人の登場が再度あるかもですねー!

» 続きを読む

小沢健二/「いいとも増刊号」で放送されたCM中トーク


[トーク] 小沢健二
[放送日] 2014.03.23
[放送局] フジテレビ系
[番組名] 笑っていいとも!増刊号

1つめのCM中

(スタッフからギターを手渡されて)
タモリ「歌ってくれるんですよ」
客「イエーイ(拍手)」
タモリ「あれ、えーと、あの、2010年のライブ盤ですか。3枚組の
小沢「あれは2010年のですね」
タモリ「あれ聞きましたよ」
小沢「え? ほんとに??(目を丸くして驚く)」
タモリ「ええ」
小沢「ええええええーーー!? あいやいやいや(驚きと喜びのあまりギターをかき鳴らす)」
タモリ「あれ、途中で文章を読むのいいねえ」
小沢「いやぁすいません(照れ笑い)」
タモリ「あれいいよ面白い」
小沢「これコマーシャル中ですよね? 大丈夫ですか」
タモリ「あのー、"自転車"ってあるじゃない。あれ一人で聞いて大笑いした」
小沢「あぁーすいません。もう帰っていいです今日は(照れ笑い)」
タモリ・客「(笑)」
タモリ「あれ一人で笑っちゃったよ」
小沢「もう、目的は果たしました(笑)」
タモリ・客「(笑)」
タモリ「いいんだよ、あれ」
小沢「子供もいるし。このままどっかに消えても大丈夫(笑)」
タモリ・客「(笑)」
タモリ「面白い」
小沢「でも、妻と話しているとああいう話ばっかりで」
タモリ「そう」
小沢「妻が日本に来るとああいう発見ばっかりしてて。『みんなお辞儀してて、後ろに下がっていく人がいるよね』って(笑)」
タモリ・客「(爆笑)」
タモリ「そう、不思議だよねぇ(笑)」

2つめのCM中

♪「今夜はブギー・バック」を弾く
("東京の街が奏でる"でも披露した、ラップも小沢が歌うバージョン)

TAG :
小沢健二
タモリ
笑っていいとも!
弾き語り
テレビ
未公開
ブギー・バック

小沢健二/「長い間おつかれさまでした」(笑っていいとも!文字おこし)


[トーク] 小沢健二
[放送日] 2014.03.20
[放送局] フジテレビ系
[番組名] 笑っていいとも!

タモリ「まいりましょう。今日はなんと16年ぶりのテレビ出演」
客「おー」
タモリ「小沢健二君です。どうぞー」

小沢健二登場。
赤フチの眼鏡をし、線の細いボーダーの上に黒いジャケット姿。
テロップには「シンガーソングライター 小沢健二(45)」と表示される。

小沢「ありがとうございます」
タモリ「お久しぶりです」
小沢「ありがとうございます」
タモリ「(椅子に)どうぞどうぞ。え、テレビが16年ぶり?」
小沢「そうなんですよ」
タモリ・客「えーー」
小沢「最後に出たのが、僕が覚えてたので昨日スタッフに確認してもらったんですけど、1998年の元日にお正月の夜のバラエティー番組あるじゃないですか」
タモリ「うんうん」
小沢「あれに出たのが最後で、それから出てなくて。そのときの司会がタモリさん」
タモリ「あー、そうそう」
小沢「そのときのメンツが、ドリカムとシャ乱Q、華原朋美さんと、オザケンと、みたいな」
客「(笑)」
タモリ「豪華なメンバーだったんですよ」
小沢「いや、どうかな(笑)」

タモリ「(花輪を紹介)椎名林檎さんからきてます」
小沢「林檎さん」
タモリ「(東京)スカパラダイスからきてます。スチャダラパーからきてますね。チャットモンチーからきてます。あやまんJAPANきてますよ(笑)」
客「(笑)」
小沢「あやまんジャパーン」
タモリ「あと、なんだこれ、よゐこ!?」
小沢「あ、よゐこ」
タモリ「株式会社ケンテックからきてます」
小沢「あ、嬉しいです」
タモリ「キョードー大阪もきてます」

» 続きを読む

TAG :
小沢健二
タモリ
笑っていいとも!
弾き語り
テレビ
さよならなんて云えないよ

小沢健二/3月20日「笑っていいとも!」テレフォンショッキングに登場。テレビ出演は16年ぶり。


2014年3月20日に放送される、フジテレビ系「笑っていいとも!」テレフォンショッキングへの生出演が決定。小沢健二が地上波のテレビ番組に登場するのは、1998年2月8日放送の番組『知ってるつもり?!』(淡谷のり子特集)以来、約16年ぶりとなる。「テレフォンショッキング」への出演は、1997年9月5日(文字おこしはこちら)以来の約17年ぶり、通算4回目。「いいとも」最終回を間近に控え、タモリお気に入りのゲストとして招かれたのかな。

出演前日となる、電話でのやりとりは以下のとおり。
(3月19日のゲストは井上陽水。友達の輪で電話をつなぐのはもうやってません)

タモリ「明日のゲストを紹介します」
(モニターに小沢健二の写真と名前が映る)
タモリ「おぉー!」
(お客はうっすら「おー…」)
三田アナウンサー「タモリさんに代わります」
小沢「はい」
タモリ「お久しぶりですねえ」
小沢「お久しぶりですー。いま楽しく観させていただいていましたー」
タモリ「お元気ですかー?」
小沢「あ、元気です。はい」
タモリ「え? いま、アメリカでしょ?」
小沢「えーと、そうですね、基本はアメリカですけれど、あちこち、それこそホントに、 ほとんど16年ぐらい旅行しております」
タモリ「あーそう。明日大丈夫なんですか?」
小沢「はい、ぜひ伺います」
タモリ「お待ちしてます。よろしくおねがいしますー」
小沢「はい」
タモリ「はい、失礼します」

なお、小沢健二オフィシャルサイトにおいて「一昨年のオペラシティのような感じで、ギターを弾けたらと思っています。」とのメッセージが掲載されており、タモリ曰く「隣で聞いていても恥ずかしくない」という小沢健二の生演奏への期待が高まります。


※「ひふみよツアー」で姿を現わすまでの、媒体ごとの"公式"最終露出は以下のとおり。
(記憶だよりのため恐らく不正確)

テレビ番組(地上波) 1998年02月08日 日本テレビ「知ってるつもり?!」 ゲスト
ラジオ番組(FM) 2002年03月02日 J-WAVE 番組名不明 電話インタビュー(文字おこしはこちら)
ラジオ番組(AM) 1998年5月頃 小島麻由美のラジオ番組 ゲスト
雑誌 「H」 1998年5月号 小沢健二+松本大洋 対談

TAG :
小沢健二
タモリ
笑っていいとも!
弾き語り
テレビ
このブログのメニュー
小沢健二 最新情報
小沢健二/小山田圭吾
フリッパーズ・ギター

小沢健二 小沢健二
2006年/2002年/1998年
1997年/1994年/1992年
外部サイト/オフィシャル

小山田圭吾(コーネリアス) 小山田圭吾
2003年/2002年/2001年
2000年/1999年/1998年
1997年/ 1994年
外部サイト/ オフィシャル

フリッパーズ・ギター フリッパーズ・ギター
1992年
山崎洋一郎による解説
解散時の反応
外部サイト

その他
ライブレポート/ 雑記

サイト内検索
ピックアップ
最新記事
タグ

小沢健二 ひふみよ 東京の街が奏でる 小山田圭吾 コンサート Ustream コーネリアス 我ら、時 展覧会 抽選 salyu×salyu 中目黒ラジオ チケット テレビ ポップ・アップ・ショップ ひふみよツアー 弾き語り パルコ タモリ 笑っていいとも! 坂本慎太郎 うさぎ! FANTASMA オペラシティ 柴田元幸 ゲスト フィッシュマンズ 結婚 モンキービジネス 読み物 中目黒テレビ 新町ラジオ Twitter ぼくらが旅に出る理由 フジファブリック ドゥワッチャライク セットリスト リマスター盤 未公開 砂原良徳 CD 表紙 相対性理論 メッセージ 今夜はブギー・バック ヘッド博士の世界塔 20周年 インタビュー さよならなんて云えないよ シッカショ節 デザインあ 真夜中の王国 東京大学 日比谷野外音楽堂 フリッパーズ・ギター 恋とマシンガン 小籔千豊 スチャダラパー 小山田米呂 ある光  まとめ ライブCD 作品集 Tシャツ 地図 エリザベス・コール 妊娠 MASHIROCK シークレット 田島貴男 マシロック 真城めぐみ パパ セッション パルコ・ミュージアム 『我ら、時』展覧会とポップ・アップ・ショップ カジヒデキ ライブ 子ども 生配信 ホフディラン Cornelius 布袋寅泰 ブギー・バック 予約 スケッチショウ アンケート 申込み 川勝正幸 凛音 息子 りおん 3D 

管理人

エコロ

Author:エコロ
都内在住、1978年生まれ♂。15歳のときに渋谷系の洗礼を受け以下略。元々は「ゴーダウンザドレイン」という同内容のサイトを2000年7月から運営していました。フジロック、朝霧JAMに小沢・小山田が来ますよーに!
twitter

FC2カウンター
PR
小沢・小山田アイテム
超LIFE
■超LIFE
2014年12月17日発売。小沢健二初のDVD映像集!

渋谷系
■渋谷系
2014年9月9日発売。「第7章 フリッパーズ症候群」

我ら、時 通常版
■我ら、時 通常版
2014年3月19日発売。ひふみよツアーからの3枚組ライブCD。

攻殻機動隊ARISE O.S.T.
■攻殻機動隊ARISE O.S.T.
2013年11月27日発売。小山田圭吾が手がけた、劇場版アニメ『攻殻機動隊ARISE』シリーズのオリジナル・サウンドトラック。

MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 12月号 [雑誌]
■MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 12月号
2013年11月20日発売。攻殻機動隊サントラ発売に合わせての、小山田へのインタビュー掲載。

NHK「デザインあ」
■NHK「デザインあ」
2013年1月23日発売。音楽をコーネリアスが手がけた同名番組のサウンドトラック。

小沢健二作品集 我ら、時
■小沢健二作品集 我ら、時
2010年「ひふみよ」ライブCD3枚組(31曲収録)、「ドゥワッチャライク 1994-1997」ほか同梱。15,000円(税込)。

MUSIC MAGAZINE(ミュージックマガジン 2012年5月号)
■ミュージックマガジン 2012年5月号
2012年4月20日発売。2010年に突然復活し、コンサートを行った小沢健二。今度はそのコンサートのCDを含むボックスの発売もアナウンスされた。独自の活動を展開するオザケンの“今”を考える。ボックス・セット「我ら、時」詳細レビュー+復活から今日までの動きを追う+独自の活動スタイルほか。

モンキービジネス 2011 Summer vol.14 いま必要なもの号
■モンキービジネス 2011 Summer vol.14 いま必要なもの号
2011年7月20日発売。小沢健二への最新インタビューが24ページ掲載!

CM4
■CM4
2012年9月5日発売。コーネリアスが手がけたリミックス作品集の第4弾。

■Sound & Recording Magazine 2012年9月号
坂本慎太郎「幽霊の気分で(cornelius mix)」の特別CDが付録で付いてきます。

Fantasma(初回限定盤)
■コーネリアス「Fantasma(初回限定)」
2010年11月3日発売。リマスター盤。「ファンタズマツアー」のDVD付き。


ミュージックマガジン 2010年12月号
■ミュージックマガジン 2010年12月号
小山田圭吾と砂原良徳が語る1997年と2010年の『FANTASMA』


■ミュージックマガジン 2010年5月号
4/20(木)発売。”オザケン”の魅力をその足跡から振り返る。


Sound & Recording Magazine 2010年11月号
■Sound & Recording Magazine 2010年11月号
小山田圭吾×砂原良徳対談。砂原は、「ヘッド博士の世界塔」を自分用にリマスターしているとのこと。欲しい…!

ROCKIN' ON JAPAN 2010年 05月号
■ROCKIN' ON JAPAN 2010年 05月号
小沢健二 書き下ろし「序文のようなもの」&2万字インタビュー再録。

小沢健二 アルバム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。