FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢健二/スチャダラパー20周年イベントで「ブギー・バック」を披露!

5/9(日)、日比谷野外大音楽堂で行われた『スチャダラ2010~オールスター感謝祭~』のアンコールに、小沢健二が出演。スチャダラパーとの共作「今夜はブギー・バック」を披露した。小沢健二が観客を招いた公式な場で演奏するのは、1997年8月24日以来となる13年ぶりのこと。

「やってて引いたもん。こんな盛り上がっちゃうとは(笑)」とBOSEが振り返るほど客席を熱狂させ、小沢健二はステージを後にした。


「ひふみよツアー」まで小沢健二の情報を遮断しておきたい方もいると思うので、詳細レポートは「続きを読む」の先に記載しておきますね(電気グルーヴ、木村カエラ、ソウルセット等も出演して見所の多いステージだったけど、小沢ブログなので小沢視点で書きますよ。無駄に長いですよw)。

↓詳細レポートはこちら

「ブギーバック」をやらないまま終わるのか――。

開演から4時間ほど経過。アンコールに登場したBOSEが、「最後の曲で~す」と、スカパラホーンズを従え「Get Up And Dance」(ポンキッキーズの「パーパッパパパラ」ってやつね)を演奏。

更に、この日に出演していたソウルセット、かせきさいだぁ等のミュージシャンが終結し、大合唱。終演ムードが漂う。
(この曲で、BOSEが「青木達之in the house」と言ってましたね…涙)



曲が終わり、ステージは薄い青の照明に。外は暗がりなので、ステージ上はよく見えない。が、FenderのStratocasterが運び出されてきたのを私は見逃さなかった。これってもしかして…

ハイカットのスニーカー、ノンウォッシュの濃紺ジーンズ、半袖の白いシャツ、そして、やや長めの前髪をかき上げつつ、細身の男が中央へ歩いてくる。

ステージに明かりが灯され、映し出されたシルエットに、20周年の宴に酔いしれていた客席が絶叫に包まれる。嘘だろう、何度、何度その姿を思い浮かべただろう、小沢健二が目の前にいる…

Stratocasterを携え「ダンスフロアに~」と歌う小沢の風貌や立ち振る舞いは、記憶の中の、一番かっこいい小沢健二のそのままの姿だった(王子様、という意味合いではなく)。

浮かれた様子でも、やっつけ仕事のような振る舞いでもなく、一定のトーンを保っていた。過去から流れる脈打つビートを確かめ、この場に立つ「縁」のようなものを噛み締めるかのように、淡々と、丁寧に、小沢健二は歌い、音を奏でていた。BOSEのラップをも口ずさみながら、表情は変えず、時おり天に向ける姿が印象的だった。

ハスキーボイスになっているのかなと思ったが、そうではなかった。私はステージ中央8列目にいたが声量は多少物足りなく聞こえ(そもそも今日は他の出演者のマイク調整も悪かったが…)、さらに周囲の歌声に遮られて聞き取りづらかったけれど、LIFE期に近いボーカルスタイルだったと思う。途中で小沢がマイクから口を遠ざけ、BOSEがとっさに小沢パートを歌う場面があったりもした。やはり声量が思うように出ずこうしたのだろうか。

演奏が終わり、一言も発しないまま小沢健二は舞台袖へと消えていった。

BOSE「小沢健二バンドのみなさんでしたー。いや、まさかここで見られるとはね」
ANI「うん」
BOSE「自分でも思わなかったっスよ」
ANI「ね、ほんとに」
BOSE「ちょっとやってて引いたもん。こんな盛り上がっちゃうとは(笑)」


今日はスチャダラパーに華を持たせ、小沢健二という個性を抑えたステージだったけれど、「ひふみよツアー」ではどういう姿、パフォーマンスを見せてくれるのか、それとも13年というブランクを感じさせるものになってしまうのか。私は今日の演奏を体験し、小沢の存在の大きさを改めて確認ができ、楽しみな気持ちがより一層高まってきました。初日の相模大野公演まで、あと8日。もう間もなく。みなさん心の準備はもうOK?




関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

はじめまして☆

いつも楽しく見させていただいています。
今回のレポート、とっても感動しました☆
ありがとうございました!

これからも楽しみにしています☆

小沢くん、半袖シャツだったように思う。

感動的な復活でしたね。
ただ、小沢くんのギターはストラトですね。(ニューオリンズで購入したやつですかね)テレキャスは木暮さんですね。

Re: はじめまして☆

>まこさん

コメントありがとうございますー。
気まぐれ更新なのに見てくださってどうもありがとう。

ひふみよツアーは2公演は行くつもりなので、
またレポを書きますね!!

Re: タイトルなし

>わに子さん

確かに、どこかのブログの写真を見たら半袖でしたね。
修正します!!

Re: タイトルなし

>ヤモさん

引っ張りまくってのあの登場の仕方はずるかったですよね。

わーまた修正項目が!!
ありがとうございます。こっそり直しておきます笑

しかし、木暮さんは大活躍ですね。
ギターのサポートをいくつしてるんでしょうかね。

いやいやいや

一言も発せずではなく、
「スチャダラパー!!!」ってオザケンが紹介したとこ、感動しました。

友情だねって。

Re: いやいやいや

コメントありがとうございます。
なんだかんだ小沢はそういう友情みたいなの
大事にするんだなーと思い嬉しかったですね^^

意味合い的には、「フリートークは一言も発せず」のつもりでした。
「スチャダラパー」だか「SDP」だか
どちら言ってたのか忘れちゃったので記載しませんでした。
紛らわしくてすみません…

このブログのメニュー
小沢健二 最新情報
小沢健二/小山田圭吾
フリッパーズ・ギター

小沢健二 小沢健二
2006年/2002年/1998年
1997年/1994年/1992年
外部サイト/オフィシャル

小山田圭吾(コーネリアス) 小山田圭吾
2003年/2002年/2001年
2000年/1999年/1998年
1997年/ 1994年
外部サイト/ オフィシャル

フリッパーズ・ギター フリッパーズ・ギター
1992年
山崎洋一郎による解説
解散時の反応
外部サイト

その他
ライブレポート/ 雑記

サイト内検索
ピックアップ
最新記事
タグ

小沢健二 ひふみよ 東京の街が奏でる 小山田圭吾 コンサート Ustream コーネリアス 我ら、時 展覧会 抽選 salyu×salyu 中目黒ラジオ チケット テレビ ポップ・アップ・ショップ ひふみよツアー 弾き語り パルコ タモリ 笑っていいとも! 坂本慎太郎 うさぎ! FANTASMA オペラシティ 柴田元幸 ゲスト フィッシュマンズ 結婚 モンキービジネス 読み物 中目黒テレビ 新町ラジオ Twitter ぼくらが旅に出る理由 フジファブリック ドゥワッチャライク セットリスト リマスター盤 未公開 砂原良徳 CD 表紙 相対性理論 メッセージ 今夜はブギー・バック ヘッド博士の世界塔 20周年 インタビュー さよならなんて云えないよ シッカショ節 デザインあ 真夜中の王国 東京大学 日比谷野外音楽堂 フリッパーズ・ギター 恋とマシンガン 小籔千豊 スチャダラパー 小山田米呂 ある光  まとめ ライブCD 作品集 Tシャツ 地図 エリザベス・コール 妊娠 MASHIROCK シークレット 田島貴男 マシロック 真城めぐみ パパ セッション パルコ・ミュージアム 『我ら、時』展覧会とポップ・アップ・ショップ カジヒデキ ライブ 子ども 生配信 ホフディラン Cornelius 布袋寅泰 ブギー・バック 予約 スケッチショウ アンケート 申込み 川勝正幸 凛音 息子 りおん 3D 

管理人

エコロ

Author:エコロ
都内在住、1978年生まれ♂。15歳のときに渋谷系の洗礼を受け以下略。元々は「ゴーダウンザドレイン」という同内容のサイトを2000年7月から運営していました。フジロック、朝霧JAMに小沢・小山田が来ますよーに!
twitter

FC2カウンター
PR
小沢・小山田アイテム
超LIFE
■超LIFE
2014年12月17日発売。小沢健二初のDVD映像集!

渋谷系
■渋谷系
2014年9月9日発売。「第7章 フリッパーズ症候群」

我ら、時 通常版
■我ら、時 通常版
2014年3月19日発売。ひふみよツアーからの3枚組ライブCD。

攻殻機動隊ARISE O.S.T.
■攻殻機動隊ARISE O.S.T.
2013年11月27日発売。小山田圭吾が手がけた、劇場版アニメ『攻殻機動隊ARISE』シリーズのオリジナル・サウンドトラック。

MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 12月号 [雑誌]
■MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 12月号
2013年11月20日発売。攻殻機動隊サントラ発売に合わせての、小山田へのインタビュー掲載。

NHK「デザインあ」
■NHK「デザインあ」
2013年1月23日発売。音楽をコーネリアスが手がけた同名番組のサウンドトラック。

小沢健二作品集 我ら、時
■小沢健二作品集 我ら、時
2010年「ひふみよ」ライブCD3枚組(31曲収録)、「ドゥワッチャライク 1994-1997」ほか同梱。15,000円(税込)。

MUSIC MAGAZINE(ミュージックマガジン 2012年5月号)
■ミュージックマガジン 2012年5月号
2012年4月20日発売。2010年に突然復活し、コンサートを行った小沢健二。今度はそのコンサートのCDを含むボックスの発売もアナウンスされた。独自の活動を展開するオザケンの“今”を考える。ボックス・セット「我ら、時」詳細レビュー+復活から今日までの動きを追う+独自の活動スタイルほか。

モンキービジネス 2011 Summer vol.14 いま必要なもの号
■モンキービジネス 2011 Summer vol.14 いま必要なもの号
2011年7月20日発売。小沢健二への最新インタビューが24ページ掲載!

CM4
■CM4
2012年9月5日発売。コーネリアスが手がけたリミックス作品集の第4弾。

■Sound & Recording Magazine 2012年9月号
坂本慎太郎「幽霊の気分で(cornelius mix)」の特別CDが付録で付いてきます。

Fantasma(初回限定盤)
■コーネリアス「Fantasma(初回限定)」
2010年11月3日発売。リマスター盤。「ファンタズマツアー」のDVD付き。


ミュージックマガジン 2010年12月号
■ミュージックマガジン 2010年12月号
小山田圭吾と砂原良徳が語る1997年と2010年の『FANTASMA』


■ミュージックマガジン 2010年5月号
4/20(木)発売。”オザケン”の魅力をその足跡から振り返る。


Sound & Recording Magazine 2010年11月号
■Sound & Recording Magazine 2010年11月号
小山田圭吾×砂原良徳対談。砂原は、「ヘッド博士の世界塔」を自分用にリマスターしているとのこと。欲しい…!

ROCKIN' ON JAPAN 2010年 05月号
■ROCKIN' ON JAPAN 2010年 05月号
小沢健二 書き下ろし「序文のようなもの」&2万字インタビュー再録。

小沢健二 アルバム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。