スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢健二/Ustream中継の全テキスト


2/28(火)22:13~中継された「小沢健二 vs USTREAM REMATCH」。既にYouTube等で動画がUPされているようですが、このブログは「読む」をコンセプトにしているので”文字起こし”による文章を掲載します。

ひふみよツアーや今回の中継でも、小沢健二は手にしたメモ用紙を読むスタイルで我々に語りかけていました。彼の話術をもってすれば、そんなことをしなくても難なく思いを伝えられることでしょう。けれど、そうしない。言葉というものは口にすると自由にあちこち飛び回りますが(時に誤解を生む)、文章は書き手の思いを込めたままに存在しつづけます。文章というものは、いつまでも溶けない魔法のチョコレートのようなものかもしれません。そこに、小沢健二が手にするメモ用紙の意味があるようにも思うのです。

中継では、作品集「我ら、時」発売の発表と、1997年以降、表立った活動をしなくなった理由・心境が本人の口から初めて語られています。メモ用紙に書かれていた(であろう)文章だからこそ、読み取れる真意があるかも。

---

■「小沢健二 vs USTREAM REMATCH」開始

(22時13分 メモ用紙を手にし、椅子に腰掛けて語る小沢健二。場所は吉祥寺キチム?)

これ聞こえてるんでしょうか? 聞こえてるんでしょうか? ちょっとそっち音下げる? 音楽とか。えーと、始める? 大丈夫? またドタバタとしてしまって、ちょっとネタバレになってしまった感があり、みんなで笑ってましたが。でも、まぁこれでいいと思ってます。(スタッフに向けて)ちょっとそれボリューム落として。


■小沢健二作品集「我ら、時」発売

長い、長い、長い、時間をかけて作ったものができました。直接ここでみなさんにご報告申し上げます。

ひふみよライブの全曲を収録したCD3枚組、1994年から1997年の「ドゥワッチャライク」の本、最近2年間の「うさぎ!」をまとめた本、「東京の街が奏でる」をテーマにデザインをした白蝶貝という貝に彫り模様をいれたボタンが12個、写真とひふみよライブのト書きと解説が付いたカードが27枚。それを立てる写真立てが7脚。

この写真立ては、僕が眠っている時に夢の中で形をデザインしたものです。CDは、和紙を縫い合わせた袋に入っています。「ドゥワッチャライク」と「うさぎ!」は外側は洋風のデザインですが、本文は和紙でできています。これは、「僕らが外側は洋服を着ているけど、内側はやっぱり日本の街の人である」を揃えたつもりです。箱は手で触ったら気持ち良いようにデザインを型押ししています。どれも宝石のように詰めました。長い間の魔法を込めて。それが発売になります。

で、発売は今です。今ここで、発売です。それで、本当はhttp://wareratoki.com/へ行くリンクを僕が上げて、みんなで行くということだったのですが、なぜかファイルが違う名前になっていて、ちょっとバレてしまっているのですが(笑)、ちょっと待ってください。

えっと、発売する作品は「我ら、時」というタイトルです。種明かしをすると、この作品を春に発売することはずっと前から決まっていて、それを祝う意味でオペラシティが計画されて、それを発売するポップ・アップ・ショップ展覧会が計画されて、という流れでした。

ネットでは今日から買えます。今から買えます。コンサート会場とポップ・アップ・ショップでも買うことができます。まずちょっと説明をしてから購入画面をUPしたいと思います。


■自分がやっていることを知れば知るほど、このまま続けてはいけない

1997年頃の僕にとって、一番簡単なことはCDを出し続けることでした。その頃の僕はとても人気があったし、レコード会社も周りのスタッフも今思うととてもしっかりしていてセッティングが整っていました。だから、そのまま10枚ぐらいまぁまぁのアルバムを出したり、他の人をプロデュースすることは一番楽にできることでした。続けるというのは、時には一番簡単だったりします。結婚生活も、ただ続けるのが一番簡単だから続けているというカップルもいます。

当時の僕は自分がやっていることを知れば知るほど、これはこのまま続けてはいけないと言うか、続けなくてもいいことなのかなと思うようになりました。誤解が無いように言っておくと、続けてCDを出しているミュージシャンはとても尊敬しています。でも、僕自身が何をすればいいかというと、それは続けることではありませんでした。でも、音楽が嫌になったから止めたというようなことはありません。むしろ、音楽がとても好きなので続けなくなったという方が当たっています。

クラシック音楽の曲で、ピアニストがピアノの前に座って、ピアノを開けて、でもピアノを弾かないで4分33秒の間、静かに座っているという曲があります(注:ジョン・ケージ作曲)。僕の場合もそんな感じがあります。4分33秒ではなくて十数年になるのですが、僕と音楽の関係はピアノを開けて弾かないで座っているピアニストとちょっと似ているのかもしれません。

でも、ここでひとつ音を鳴らしてみます。ひとつではなくて、怒涛のように3枚組で鳴らしています。ただのライブじゃん、昔の曲じゃん、と思うかもしれないのですが、それは聞いていただいてどいうものか感じていただけたらと思います。

このライブ盤はものすごくアガります。危険なぐらいアガるものです。それを可能にしてくれた、演奏してくれたみんな、スタッフのみんな、そして、勇気と刺激を与えてくれた友人のみんなに心から感謝してます。

なので、今日はここで「我ら、時」が完成した打ち上げをやっています。20年近く本当にどうもありがとう。お疲れ様でしたー(拍手喝采)。

スカパラ、スチャダラ、ソウルセット、ヒロシ、タケイグッドマン(中継落ちる)…、真城。

えーと、そしてコンサートにいらしてくれたみなさんの熱気と賢さと考えの深さと美しさに本当に感謝します。


■音も聞こえないぐらいの興奮

お会いしたことは無いのですが、ナタリーの大山卓也君のものがありました。あれは本当によく聞いてくださっていることがよく伝わる文章でした。ほんとんどのことは、卓也君の理解が合っています。でも、彼はひとつだけ間違っていて、その間違いが実によくあの時の雰囲気を捉えている。

コンサートの最初に僕がギターをかき鳴らしながらその街の名前を言うというのがありました、それはコンサートの中心にあるものなので、当然初日の相模大野からやっていました。でも卓也君は「相模大野では街の名前を言わなかったと思う」と書いていました。と言うことは、本当に冷静で賢い卓也君のような人でも、初日に初めて聞いたときは本当に音も聞こえないぐらい興奮していたということで、僕はそれが各地でコンサートにいらしてくれた多くの方の気持ちを代弁していると思っています。


■僕の音楽は、音楽以外でやっていることと強く繋がっている

もう消費されて、忘れて良いような曲を、じっと心の中で握っていてくれた人がたくさんいることを本当に光栄に感じます。今回のCDの一番最初は、その初日の相模大野の最初の瞬間から始まります。そこから、あちこちの街でみなさんに囲まれて録音された演奏が続きます。

僕の音楽は、僕が音楽以外でやっていることと強く、強く繋がっています。音楽だけやってろよと言われるかもしれませんが、ああいう感じの音楽をやるためには、音楽以外のものがどうしても必要なのです。

音楽も文章もひふみよサイトからやっているデザインも、やっていることは全部つながっているので、まとめてひとつのものとお見せしたいといつも思っています。

この作品集では、全部をまとめて一度に見て、それぞれの繋がりが分かると思います。どうして僕の文章やメロディや歌詞がああいうふうになるのか、感じていただけると思います。なので、僕のことを知らない人でも、この箱ひとつで一気に知ることができると思います。

これは特殊仕様のジャケットではなくて、全部でひとつの作品です。箱を含めて、全部に触って、読んで、聞いて分かってもらえたらいいと思います。


■わ、負けるかも!

というところで購入画面をUPするのですが、この購入画面をUPして、みなさんがリロード攻撃をして、そして、サーバーが前回のように落ちたら僕らの負けですが、もしサーバーが立っていて、ちゃんとhttp://wareratoki.com/、そしてその先の購入画面まで行けたら、僕らの勝ちです(笑)。

でもこれはほとんど冗談でやってるんだけど、なんだっけ?(笑) それで、ネタバレしていたので、この僕がUPしてみて、そして、実際に買えたという人が10分間で10人出たら勝ちということにしようかな(笑)。購入画面が落ちるかもしれないのでそれをやろうと思っていますが、

その前に、そうだ。今日来ていたスカパラのライブが(感謝を表す「すいませーん」と声がかかり拍手)、3月13日フリーライブです。代々木公園野外ステージ。ほんと、スカパラは続けてて凄いねえですよ。この間、メキシコでもコンサートやってて、めちゃくちゃ格好良かったです。そしてCDも出ています。スカパラー!(笑)

とやっといて、じゃあこれをUPすればいのかな。じゃあ、やってください。いいですよ。なんかこれ、めちゃくちゃ重くなってませんか? http://tokyo.hihumiyo.net/でもできました? リロード。わ、重い! わ、負けるかも! 行けないっすよ、全然。

じゃあ、僕のコンピューターが遅いだけなので…(スタッフに対して)10何分切る? 10分中継を止めて、その間にみんなで数えて、買った人が10人出たら勝ち。どうなんですかね、BOSE君(BOSE「いいんじゃない」)。えへへ(笑)。じゃあ10分休止。じゃあ10分休憩で。どうぞ、休憩です。その間、http://wareratoki.com/に行って、買った人はTwitterで買ったと言ってください。そしたらそれを数えておきます。で、いいの? じゃ、それで。一旦。

※実際は8分ほどの休憩

えーつーわけで、10分間の間に買えた人はやっぱりたくさんいるみたいで、嘘ではなくパルコの方からも買えたという話がきていますが、http://wareratoki.com/も落ちなくて、http://tokyo.hihumiyo.net/も落ちなかったです、今回は。だけど、行った先のパルコの購入画面がまずいことになってますが(笑)、しかも僕ら最初にネタバレしてますし、勝ったとは言いにくいものがありまして。でも負けた感じもしないので、引き分けぐらいということでどうでしょうか(笑)。

でも、Ustreamをこうやって友達とワイワイやるのがいいのかなと思ってやってるので、少しプロっぽく無くなってしまうのですが。でも、こういうふうに直接お届けしたいと思ったことがあったので、やって悔いはありません(笑)。そして今日、さっき声が聞こえたと思うんですけど、僕が一番好きな人たちが来ているのでその歓声をもって、お疲れ様をもって終わりにしたいと思いますが、大丈夫? えーと、スーパーギーグなおずみ君?、イクコちゃん、ナナちゃん、ボー様、ガモさん、北原さん、沖さん、真城さん全員どうも本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。BOSE…(中継落ちる)
白根佳尚ーありがとう(中継落ちる)

おわり

関連記事
TAG :
小沢健二
我ら、時
東京の街が奏でる
ひふみよ
パルコ
ポップ・アップ・ショップ
うさぎ!
ドゥワッチャライク
Ustream

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

MIXIのコミュニティにも書きましたが
放送が始まる前からの動画をアップしました
エリザベスさんの声もはいっております
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17108347

休憩後に落ちた(涙)

休憩中断のあと、ずっと「オフラインです」という画面になり、リロード攻撃したのにダメでした。私も昨日のブログに書いた(こちらよりは詳しくないけれど…)ので、よかったらお読みください。

Re: タイトルなし

>ぼのぼのさん
おっ!ナイスです!
放送前はみんなリロードしてたりして、見逃している方も多いと思うので必見ですね!

Re: 休憩後に落ちた(涙)

> すゞさん
休憩後は中継が不安定でしたよね。
ブログ、拍手させていただきましたー。
小沢・小山田ブログどんどんリンクし合いましょうー!

男性だったのか?ってこのブログの管理人のことですか?
そうであれば、そうですー。
渋谷系男子の典型的な風貌だと思いますwww

リンクしました

昨日の日記に、管理人:エコロさんのこのページと、ぼのぼのさんのニコ動のページをリンクさせていただきました。最初から気が利かずにすみません。オザオヤに特化したブログではないのですが…。

エコロさん、勝手に女性と勘違いしてごめんなさいね。

Re: リンクしました

>すゞさん
リンク、ありがとうございますー!

いえいえー。
小沢・小山田好きは、女性っぽい男性が多そうですよね笑

mixiより

文字起こし、お疲れ様でした。

このユーストリーム中継を見て、
オザケンが1997年以降、リリースしなかったワケを聞いて涙を流してしまいました…。

何年か前にロッキングオンジャパンだったと思いますが、
コーネリの小山田くんがパーフリを解散した理由についてのことを言ってて、
パーフリ解散とオザケン活動休止の理由が一緒なんだなぁってなんだかぼんやり思いました。

パーフリの時からの小沢・小山田ファンではないんですけど(笑)

我は時…専業主婦の私には購入が難しいので買えません(泣)

Re: mixiより

> SANA☆さん
小沢、小山田は当時から基本スタンスは変わってないんでしょうね。
他のミュージシャンみたいに作品をたくさん発表するタイプではありませんが、
作品以外の生き方みたいなところも含めて好きなんですよねえ。
「我ら、時」は限定販売でなければいいですね><
このブログのメニュー
小沢健二 最新情報
小沢健二/小山田圭吾
フリッパーズ・ギター

小沢健二 小沢健二
2006年/2002年/1998年
1997年/1994年/1992年
外部サイト/オフィシャル

小山田圭吾(コーネリアス) 小山田圭吾
2003年/2002年/2001年
2000年/1999年/1998年
1997年/ 1994年
外部サイト/ オフィシャル

フリッパーズ・ギター フリッパーズ・ギター
1992年
山崎洋一郎による解説
解散時の反応
外部サイト

その他
ライブレポート/ 雑記

サイト内検索
ピックアップ
最新記事
タグ

小沢健二 ひふみよ 東京の街が奏でる 小山田圭吾 コンサート Ustream コーネリアス 我ら、時 展覧会 抽選 salyu×salyu 中目黒ラジオ チケット テレビ ポップ・アップ・ショップ ひふみよツアー 弾き語り パルコ タモリ 笑っていいとも! 坂本慎太郎 うさぎ! FANTASMA オペラシティ 柴田元幸 ゲスト フィッシュマンズ 結婚 モンキービジネス 読み物 中目黒テレビ 新町ラジオ Twitter ぼくらが旅に出る理由 フジファブリック ドゥワッチャライク セットリスト リマスター盤 未公開 砂原良徳 CD 表紙 相対性理論 メッセージ 今夜はブギー・バック ヘッド博士の世界塔 20周年 インタビュー さよならなんて云えないよ シッカショ節 デザインあ 真夜中の王国 東京大学 日比谷野外音楽堂 フリッパーズ・ギター 恋とマシンガン 小籔千豊 スチャダラパー 小山田米呂 ある光  まとめ ライブCD 作品集 Tシャツ 地図 エリザベス・コール 妊娠 MASHIROCK シークレット 田島貴男 マシロック 真城めぐみ パパ セッション パルコ・ミュージアム 『我ら、時』展覧会とポップ・アップ・ショップ カジヒデキ ライブ 子ども 生配信 ホフディラン Cornelius 布袋寅泰 ブギー・バック 予約 スケッチショウ アンケート 申込み 川勝正幸 凛音 息子 りおん 3D 

管理人

エコロ

Author:エコロ
都内在住、1978年生まれ♂。15歳のときに渋谷系の洗礼を受け以下略。元々は「ゴーダウンザドレイン」という同内容のサイトを2000年7月から運営していました。フジロック、朝霧JAMに小沢・小山田が来ますよーに!
twitter

FC2カウンター
PR
小沢・小山田アイテム
超LIFE
■超LIFE
2014年12月17日発売。小沢健二初のDVD映像集!

渋谷系
■渋谷系
2014年9月9日発売。「第7章 フリッパーズ症候群」

我ら、時 通常版
■我ら、時 通常版
2014年3月19日発売。ひふみよツアーからの3枚組ライブCD。

攻殻機動隊ARISE O.S.T.
■攻殻機動隊ARISE O.S.T.
2013年11月27日発売。小山田圭吾が手がけた、劇場版アニメ『攻殻機動隊ARISE』シリーズのオリジナル・サウンドトラック。

MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 12月号 [雑誌]
■MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 12月号
2013年11月20日発売。攻殻機動隊サントラ発売に合わせての、小山田へのインタビュー掲載。

NHK「デザインあ」
■NHK「デザインあ」
2013年1月23日発売。音楽をコーネリアスが手がけた同名番組のサウンドトラック。

小沢健二作品集 我ら、時
■小沢健二作品集 我ら、時
2010年「ひふみよ」ライブCD3枚組(31曲収録)、「ドゥワッチャライク 1994-1997」ほか同梱。15,000円(税込)。

MUSIC MAGAZINE(ミュージックマガジン 2012年5月号)
■ミュージックマガジン 2012年5月号
2012年4月20日発売。2010年に突然復活し、コンサートを行った小沢健二。今度はそのコンサートのCDを含むボックスの発売もアナウンスされた。独自の活動を展開するオザケンの“今”を考える。ボックス・セット「我ら、時」詳細レビュー+復活から今日までの動きを追う+独自の活動スタイルほか。

モンキービジネス 2011 Summer vol.14 いま必要なもの号
■モンキービジネス 2011 Summer vol.14 いま必要なもの号
2011年7月20日発売。小沢健二への最新インタビューが24ページ掲載!

CM4
■CM4
2012年9月5日発売。コーネリアスが手がけたリミックス作品集の第4弾。

■Sound & Recording Magazine 2012年9月号
坂本慎太郎「幽霊の気分で(cornelius mix)」の特別CDが付録で付いてきます。

Fantasma(初回限定盤)
■コーネリアス「Fantasma(初回限定)」
2010年11月3日発売。リマスター盤。「ファンタズマツアー」のDVD付き。


ミュージックマガジン 2010年12月号
■ミュージックマガジン 2010年12月号
小山田圭吾と砂原良徳が語る1997年と2010年の『FANTASMA』


■ミュージックマガジン 2010年5月号
4/20(木)発売。”オザケン”の魅力をその足跡から振り返る。


Sound & Recording Magazine 2010年11月号
■Sound & Recording Magazine 2010年11月号
小山田圭吾×砂原良徳対談。砂原は、「ヘッド博士の世界塔」を自分用にリマスターしているとのこと。欲しい…!

ROCKIN' ON JAPAN 2010年 05月号
■ROCKIN' ON JAPAN 2010年 05月号
小沢健二 書き下ろし「序文のようなもの」&2万字インタビュー再録。

小沢健二 アルバム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。