スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢健二/「東京の街が奏でる」まとめ(第十二夜まで)

小沢健二の最新コンサート「東京の街が奏でる」に関する情報を、このエントリーに集約していきます。各所で情報を拾い集めて、分かりしだい随時更新します。

誤情報の指摘、正確な情報、追加すべき事項などありましたらコメント欄にぜひお書きくださいー! 何年かしたあと、この記事を読んで色々思い出せるように集約していきたいなと思ってます。

最終更新 2012年4月18日(第十二夜まで)
※千秋楽の十二夜まで更新してありますが、後日追記します。
 特に千秋楽の様子をUPします。


■会場のようす
・グッズ販売は15:30から入場口付近でスタート。チケットなくてもグッズが買える。
・会場時間となる17:30以降は、場内にて販売。
・場内ではアルコール類を販売。双眼鏡の扱いは無し。
・1階席、互い違い座席のため前に座ってる人の頭が被らない。
・1階席、1-2列目が無いため3列目が最前。


■メンバー
小沢健二を含めると7人編成。
ベース:中村キタロー
コーラス&パーカッション:真城めぐみ(ヒックスヴィル)
弦カルテット(ステージ向かって左から):
 ヴァイオリン 奥村愛
 ヴァイオリン 山名玲奈
 ヴィオラ 南かおり ※第五夜 大川幸子
 チェロ 遠藤真理 ※第三夜 清水詩織


■ストリングス編曲
服部隆之


■前説
第一夜 BOSE(スチャダラパー)
第二夜 GAMO(東京スカパラダイスオーケストラ)
第三夜 NARGO(東京スカパラダイスオーケストラ)
第四夜 永積タカシ(ハナレグミ)
第五夜 橋本絵莉子、福岡晃子(チャットモンチー)
第六夜 北原雅彦(東京スカパラダイスオーケストラ)
第七夜 原田郁子(クラムボン)
第八夜 沖祐市(東京スカパラダイスオーケストラ)
第九夜 木暮晋也(ヒックスヴィル)
第十夜 ANI(スチャダラパー)
第十一夜 七尾旅人
第十二夜 やくしまるえつこ(相対性理論など)


■セットリスト
第一夜 3月21日(水) こちらを参照
第二夜 3月22日(木) ※同じ
第三夜 3月25日(日) 「back to back」を「夜と日時計」に変更
第四夜 3月26日(月) ※同じ
第五夜 3月30日(金) ※同じ
第六夜 4月1日(日) ※同じ
第七夜 4月4日(水) 「back to back」を「夜と日時計」に変更
第八夜 4月5日(木) ※同じ
第九夜 4月9日(月) 「back to back」を「夜と日時計」に変更
第十夜 4月12日(木) ※同じ
第十一夜 4月15日(日) ※同じ
第十二夜 4月16日(月) 2度演奏された「ドアをノックするのは誰だ?」以外は同じ
※便宜上、微妙なアレンジの違い・共演曲以外は「同じ」としています。
※「暗闇から手を伸ばせ」の最後に「カウボーイ疾走」のワンフレーズを挟んでいた。


■ゲストとの共演曲
第一夜 3月21日(水) なし
第二夜 3月22日(木) GAMO 「ドアをノックするのは誰だ?」
第三夜 3月25日(日) NARGO 「ドアをノックするのは誰だ?」
第四夜 3月26日(月) 永積タカシ 「いちょう並木のセレナーデ」
第五夜 3月30日(金) チャットモンチー 「今夜はブギーバック」
第六夜 4月1日(日) 北原雅彦 「ドアをノックするのは誰だ?」
第七夜 4月4日(水) 原田郁子 「ぼくらが旅に出る理由」
第八夜 4月5日(木) 沖祐市 「ドアをノックするのは誰だ?」
第九夜 4月9日(月) 木暮晋也 「いちごが染まる」
第十夜 4月12日(木) ANI & BOSE 「今夜はブギー・バック」
第十一夜 4月15日(日) 七尾旅人 「今夜はブギー・バック」
第十二夜 4月16日(月) やくしまるえつこ 「今夜はブギー・バック」


■新曲
・演奏済
 東京の街が奏でる
 神秘的(ものかたりす)

・未演奏
 帝都、魔界


■モノローグ
・振り子(1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12)
・捕鯨船(6 8)
・休業宣言(7)
・大麻(10)
・文章の長さ(1 2)
・小走りとは何か(3 4 5 6 7 8 9 10 11 12)
・Believe(1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12)
・大人の世界(1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12)
・人の体、街の体(1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12)
※カッコ内は第何夜に披露されたかを示します。要約は後日追記。


■第十二夜(千秋楽)のできごと
・まとめ中(後日更新)


■主な発言
・第一夜 (あやまんさくらだとの熱愛が発覚した客席のBOSEに向かって)「僕たちのロマンスもバレてる」
・第五夜 (チャットモンチーに向かって)「すごい文学的。えっちゃんが歌うと凄い切なくなる」


■アンケートの設問
「東京の街が奏でる」はいかがでしたか? ご自由に感想を書いて、終演後、係員にお渡しください。特に印象に残ったことがあれば、教えてください。

あなたのことを、書ける範囲で良いので、書いてお残しください。メールアドレスは、できればお残しください。秘密は守ります。
 お名前
 おところ
 メールアドレス
 お仕事、ご学業、暮らしぶりなど
 ツイッター、ミクシーなどで使っている別名(あれば)


■第五夜「今夜はブギーバック」小沢健二 featuring チャットモンチー
※チャットモンチーによる一部替え歌

僕とベイビー・ブラザーめかしこんで来た今日のライブ
すぐに目が合えば 君は最高のファンキー・ボーイ
誰だってロケットがlockする 特別な唇
ほんのちょっと困ってるジューシー・フルーツ
一言で言えばね

1 2 3 を待たずに
16小節の旅のはじまり
ブーツでドアをドカーッとけって
"ルカーッ"と叫んでドカドカ行って
テーブルのピザ プラス モーチキン
ビールでいっきに流しこみ
ゲップでみんなにセイ ハロー
オ ペ ラ シティ in the house
てな具合に ええ行きたいっスね
いっスねーっ イェーッ!! なんてねーっ
よくない コレ? コレ よくない?
よくなく なくなく なくなく ない?
その頃のぼくらと言ったら
いつもこんな調子だった
心のベスト10 第一位は
こんな曲だった

(中略)

KNOCK! KNOCK!! WHO IS IT?
オレチャットモンチー in the place to be
なんて 具合に ウアーッ ウアーッ
wait wait wait wait ガッデーム
って俺ってなんにも言ってねーっ
いや泣けたっス "えーっ" マジ泣けたっす
ゲストに呼ばれてマジ泣けたっす
STOP CHECKITOUT YO MAN
キミこそスゲーぜ オザケンさん
その頃のぼくらと言ったら
いつもこんな調子だった
心のベスト10 第一位は
こんなだった

(後略)
関連記事
TAG :
小沢健二
東京の街が奏でる
セットリスト
まとめ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

第四夜 も文章の長さではなく、小走りでした☆

Re: タイトルなし

> はぴさん
情報ありがとうございます! 小走りの内容気になる…!

いつも、楽しく拝見しております
オイラは2日目に行きましたが、
初日はBOSEさんがオープニングだったのですね
うらやましいです

2日目のガモウさんと小沢健二さんのコラボも良かったです

この調子で小沢健二さんと親しいミュージシャンがコラボするのでしょうね‥

有り得ないですが
小山田圭吾さんが出ないかなと思っています

オザケンとコーネリアス、
フリッパーズギターで一曲歌ってくれることは…
無いでしょうね
p(´⌒`q)

Re: タイトルなし

> ムギビッチ♂ さん
今後、この調子でさまざまなミュージシャンが出るとなると、毎日見たくなっちゃいますね。
ひふみよツアーの6/9には小山田が来ていたみたいですからね。
今回も見に来るのかな。何かしらの絡みがあったら嬉しいものです。

ゲスト

ハナレグミ、チャットモンチーは驚きです。この流れから、フジファブリックが来るとワタシは予想してます(^_^)

Re: ゲスト

> めいさん
カバーもしたフジファブリックありそうですね。あとはお馴染みの木暮晋也、第一夜に久しぶりに話したと挙がった田島貴男、Ustream中継で呼ばれていたっぽい原田郁子あたりですかね。くるりの岸田とか小沢健二好きを公言しているミュージシャンは多いので、接点なさそうなゲストがあるかもしれませんね。

第七夜

第七夜も「back to back」を「夜と日時計」に変更
&文章の長さ(1 2) → 小走り でしたよ。
「小走り」の内容は、今ブログに書いておいたのでよかったらご覧ください。正確じゃないですが。
http://happykapy.blog.fc2.com/
(これ一話分書き起こしただけで、もうくたくたになりました…。大変なんですねー!)
私としては自分が聴けなかった方の「文章の長さ」の内容が気になるところです!

Re: 第七夜

> happy-kapyさん
情報ありがとうございます! 更新しておきます~♪
ブログも拝見させていただきました。
「文章の長さ」ほか、メモってありますので後日UPします!

はじめまして(^-^)第五夜、第八夜に行ってきました!八夜は五夜には無かった捕鯨船襲撃の話とBOSE君のロマンスを報じるパパラッチの話がありました。テンション的には五夜は最初から盛り上がり八夜はオザケンに疲れが見えたように感じ、客の温まりも遅かった気がします

第七夜

朗読について。一番最初に『休業宣言』と『振り子』でした。『休業宣言』は、第七夜が初めてかなと思います。後の順番は忘れましたが、小走り、ビリーブ、大人の世界、人の体、だったと思います。インド映画の輪廻オチもありましたが、どれに分類されるのでしたっけ?

Re: タイトルなし

> さゆさん
初めまして! 情報ありがとうございます。
自分は第一夜と、同じく第五夜に行きましたー!
夜ごとに変わるお客さんの反応も、東京の街を奏でている一部なんでしょうね♪

Re: 第七夜

> 厚さん
第七夜の情報ありがとうございます。編集させていただきましたー!
「インド映画の輪廻オチ」の話は、「人の体、街の体」ですね。
簡単な話の内容は後日追記します!

第十夜

はじめまして。
今日の前説はANI。で、共演曲はBoseも登場してのブギーバック。大盛り上がりでした~!

Re: 第十夜

> ゆきりんさん
はじめまして。情報、ありがとうございます。
ANI & BOSEのブギーバックが聞けただなんて羨ましすぎますよ~!
ここでこの2人登場となると、残りの二夜は誰が出るんでしょうねえ。

ありがとうございました

はじめまして。
今回チケットが取れなかったのですが、
こちらの記事でコンサート情報を得ることが出来たので、行けなかったなりにとても嬉しく思います。
どうもありがとうございました!!

No title

始めまして。昨日、扉の前で聴いてきました。

セットリストで質問というか、確認というか、、、
「暗闇から手を伸ばせ」の後に、「カウボーイ疾走」の「新しい1日がまた始まるだろう 夜明け前の弱すぎる光」のところだけを歌ってませんでしたか?
聴けてすごく嬉しかったので印象に残っているのですが、、、私の勘違いでしょうか??

小沢健二のライブ終わってしまいましたね‥またしばらくはお別れですかね

千秋楽の情報を見に行った知人に教えてもらいましたが
最終日はエリザベスコールさん、小沢健二さんの奥様がステージに上がったらしいです…恥ずかしそうに頭を下げたそうで、知人は好感が持てたそうです

また、じつはスチャダラのBOSEさんは
12公演全て、裏から見て小沢健二さんにアドバイスを送っていたらしいです

最後、やくしまるえつこさんね後に、
2曲演奏してくれ
終わりが10時半を回り、
知人は終電に間に合わず、マンガ喫茶で朝まで過ごすことになったそうです

こちらのブログで前説の方や
ライブ情報をチェックするのが楽しみでした
本当にありがとうございます
これからも小沢さんや小山田さんの情報をお願い致します

> エイさん
はじめまして。そんなこと言ってもらえるだなんて嬉しすぎます!
こちらこそありがとうございました。
どんなコンサートだったのかまだまだ追記しますので、
また見てくださいね~。

> せばすちゃんさん
はじめましてー。ご指摘の部分、そのフレーズを歌ってましたよね!
やはり好きな曲なので僕も印象に残ってました。
自分が行った、第一夜、第五夜、第十二夜でも同じだったので、
今回は全てこのアレンジなのかもしれませんね。
「まとめ」に追記しておきます~。
扉の前で聞くのも良い思い出になったでしょうね^^

> ムギビッチ♂さん
僕も千秋楽に行ったので、のちほど詳細をUPしますね。
小沢が、「エリザベス~」とステージに招き入れたのは、
最終日ならではのできごとでしたねえ。

小沢の動きが落ち着いても、
マイペースに新着情報を載せていきます。
そしてまた情報をお寄せください~!

第十一夜

毎夜情報が更新されるのを楽しみにしてました。
記録に残していただき、ありがとうございます。
私は第十一夜に参戦しました。
そのトピックスを記載します。
既出の場合はゴメンなさい。

・「音楽という時の芸術」に七尾旅人がメロディをつけ熱唱。後で小沢健二に称賛される。「旅人、あれよかったよ~」。
・「振り子」の前に「町に血が流れる時」(中略)~(あとがき)を朗読。
・「ドアをノックするのは誰だ?」演奏の際、真城めぐみがメトロノームを間違い、中断~やり直し。十一夜目にして初の失態。
・この日は小沢健二の誕生日。サプライズで、「Happy Birthday」を大合唱。小沢、照れながら影絵のローソクを吹き消す。
・会場にビデオ撮影が入る。その映像は会場に入れずロビーに集まった人に中継される。小沢曰く「どんな音か保障はできなけど」。

他にもいろいろあったと思うのですが、コーフンして記憶が定かではありません。
一連の記録の足しにしてください。



Re: 第十一夜

> cinqu33さん
詳細な書き込みありがとうございます!!!!!!!!
ありがたく追記させていただきます^^
七尾旅人に対しては、「旅人」と呼び捨てにしてるんですね。
これまであまり接点なさそうでしたが、それなりの仲なんですかねえ。
このブログのメニュー
小沢健二 最新情報
小沢健二/小山田圭吾
フリッパーズ・ギター

小沢健二 小沢健二
2006年/2002年/1998年
1997年/1994年/1992年
外部サイト/オフィシャル

小山田圭吾(コーネリアス) 小山田圭吾
2003年/2002年/2001年
2000年/1999年/1998年
1997年/ 1994年
外部サイト/ オフィシャル

フリッパーズ・ギター フリッパーズ・ギター
1992年
山崎洋一郎による解説
解散時の反応
外部サイト

その他
ライブレポート/ 雑記

サイト内検索
ピックアップ
最新記事
タグ

小沢健二 ひふみよ 東京の街が奏でる 小山田圭吾 コンサート Ustream コーネリアス 我ら、時 展覧会 抽選 salyu×salyu 中目黒ラジオ チケット テレビ ポップ・アップ・ショップ ひふみよツアー 弾き語り パルコ タモリ 笑っていいとも! 坂本慎太郎 うさぎ! FANTASMA オペラシティ 柴田元幸 ゲスト フィッシュマンズ 結婚 モンキービジネス 読み物 中目黒テレビ 新町ラジオ Twitter ぼくらが旅に出る理由 フジファブリック ドゥワッチャライク セットリスト リマスター盤 未公開 砂原良徳 CD 表紙 相対性理論 メッセージ 今夜はブギー・バック ヘッド博士の世界塔 20周年 インタビュー さよならなんて云えないよ シッカショ節 デザインあ 真夜中の王国 東京大学 日比谷野外音楽堂 フリッパーズ・ギター 恋とマシンガン 小籔千豊 スチャダラパー 小山田米呂 ある光  まとめ ライブCD 作品集 Tシャツ 地図 エリザベス・コール 妊娠 MASHIROCK シークレット 田島貴男 マシロック 真城めぐみ パパ セッション パルコ・ミュージアム 『我ら、時』展覧会とポップ・アップ・ショップ カジヒデキ ライブ 子ども 生配信 ホフディラン Cornelius 布袋寅泰 ブギー・バック 予約 スケッチショウ アンケート 申込み 川勝正幸 凛音 息子 りおん 3D 

管理人

エコロ

Author:エコロ
都内在住、1978年生まれ♂。15歳のときに渋谷系の洗礼を受け以下略。元々は「ゴーダウンザドレイン」という同内容のサイトを2000年7月から運営していました。フジロック、朝霧JAMに小沢・小山田が来ますよーに!
twitter

FC2カウンター
PR
小沢・小山田アイテム
超LIFE
■超LIFE
2014年12月17日発売。小沢健二初のDVD映像集!

渋谷系
■渋谷系
2014年9月9日発売。「第7章 フリッパーズ症候群」

我ら、時 通常版
■我ら、時 通常版
2014年3月19日発売。ひふみよツアーからの3枚組ライブCD。

攻殻機動隊ARISE O.S.T.
■攻殻機動隊ARISE O.S.T.
2013年11月27日発売。小山田圭吾が手がけた、劇場版アニメ『攻殻機動隊ARISE』シリーズのオリジナル・サウンドトラック。

MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 12月号 [雑誌]
■MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 12月号
2013年11月20日発売。攻殻機動隊サントラ発売に合わせての、小山田へのインタビュー掲載。

NHK「デザインあ」
■NHK「デザインあ」
2013年1月23日発売。音楽をコーネリアスが手がけた同名番組のサウンドトラック。

小沢健二作品集 我ら、時
■小沢健二作品集 我ら、時
2010年「ひふみよ」ライブCD3枚組(31曲収録)、「ドゥワッチャライク 1994-1997」ほか同梱。15,000円(税込)。

MUSIC MAGAZINE(ミュージックマガジン 2012年5月号)
■ミュージックマガジン 2012年5月号
2012年4月20日発売。2010年に突然復活し、コンサートを行った小沢健二。今度はそのコンサートのCDを含むボックスの発売もアナウンスされた。独自の活動を展開するオザケンの“今”を考える。ボックス・セット「我ら、時」詳細レビュー+復活から今日までの動きを追う+独自の活動スタイルほか。

モンキービジネス 2011 Summer vol.14 いま必要なもの号
■モンキービジネス 2011 Summer vol.14 いま必要なもの号
2011年7月20日発売。小沢健二への最新インタビューが24ページ掲載!

CM4
■CM4
2012年9月5日発売。コーネリアスが手がけたリミックス作品集の第4弾。

■Sound & Recording Magazine 2012年9月号
坂本慎太郎「幽霊の気分で(cornelius mix)」の特別CDが付録で付いてきます。

Fantasma(初回限定盤)
■コーネリアス「Fantasma(初回限定)」
2010年11月3日発売。リマスター盤。「ファンタズマツアー」のDVD付き。


ミュージックマガジン 2010年12月号
■ミュージックマガジン 2010年12月号
小山田圭吾と砂原良徳が語る1997年と2010年の『FANTASMA』


■ミュージックマガジン 2010年5月号
4/20(木)発売。”オザケン”の魅力をその足跡から振り返る。


Sound & Recording Magazine 2010年11月号
■Sound & Recording Magazine 2010年11月号
小山田圭吾×砂原良徳対談。砂原は、「ヘッド博士の世界塔」を自分用にリマスターしているとのこと。欲しい…!

ROCKIN' ON JAPAN 2010年 05月号
■ROCKIN' ON JAPAN 2010年 05月号
小沢健二 書き下ろし「序文のようなもの」&2万字インタビュー再録。

小沢健二 アルバム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。