スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢健二/「長い間おつかれさまでした」(笑っていいとも!文字おこし)


[トーク] 小沢健二
[放送日] 2014.03.20
[放送局] フジテレビ系
[番組名] 笑っていいとも!

タモリ「まいりましょう。今日はなんと16年ぶりのテレビ出演」
客「おー」
タモリ「小沢健二君です。どうぞー」

小沢健二登場。
赤フチの眼鏡をし、線の細いボーダーの上に黒いジャケット姿。
テロップには「シンガーソングライター 小沢健二(45)」と表示される。

小沢「ありがとうございます」
タモリ「お久しぶりです」
小沢「ありがとうございます」
タモリ「(椅子に)どうぞどうぞ。え、テレビが16年ぶり?」
小沢「そうなんですよ」
タモリ・客「えーー」
小沢「最後に出たのが、僕が覚えてたので昨日スタッフに確認してもらったんですけど、1998年の元日にお正月の夜のバラエティー番組あるじゃないですか」
タモリ「うんうん」
小沢「あれに出たのが最後で、それから出てなくて。そのときの司会がタモリさん」
タモリ「あー、そうそう」
小沢「そのときのメンツが、ドリカムとシャ乱Q、華原朋美さんと、オザケンと、みたいな」
客「(笑)」
タモリ「豪華なメンバーだったんですよ」
小沢「いや、どうかな(笑)」

タモリ「(花輪を紹介)椎名林檎さんからきてます」
小沢「林檎さん」
タモリ「(東京)スカパラダイスからきてます。スチャダラパーからきてますね。チャットモンチーからきてます。あやまんJAPANきてますよ(笑)」
客「(笑)」
小沢「あやまんジャパーン」
タモリ「あと、なんだこれ、よゐこ!?」
小沢「あ、よゐこ」
タモリ「株式会社ケンテックからきてます」
小沢「あ、嬉しいです」
タモリ「キョードー大阪もきてます」


タモリ「いま、ほとんどアメリカでしょ」
小沢「えーと、手短に言うと16年ぐらいのあいだ、10年ぐらいはニューヨークで、3年ぐらいは中南米とかアフリカとかアジアとか、そういう第三世界と呼ばれるところで。あと1年ぐらいは、アメリカのロサンゼルスとかニューメキシコシティとかそういうところです」
タモリ「へぇ」
小沢「でもコンサートは4年ぐらい前から復活しているので、そのうち1年ぐらいは日本に来ていると」
タモリ「え、中南米とか何か月か住むの?」
小沢「そうですね。ホテルに泊まるのとかあんまり好きじゃないので、いきなり部屋とか、家とかを借りたりして。ちゃんと市場に買い物に行って、というのやりますね」
タモリ「自分でだいたいご飯ちゃんと作って?」
小沢「そうですね。あの、妻も作ったりもするの好きなので」
タモリ「あ、奥さんも子供ももういるんですけれども」
客「えー」
タモリ「え、じゃあ一緒に行くの3人で?」
小沢「子供は9ヶ月前に生まれたばっかりなんで」
タモリ「そうか」
客「拍手」
タモリ「さっき見ましたけど、可愛いんですよ。おとなしくて」
小沢「タモリさんにせっかくだから会ってもらってって(笑)」
タモリ「奥さんアメリカ人なんですよ」
小沢「はい、そうなです」
客「えー」
タモリ「じゃあ2人で行って、中南米とあとどこ行ったの」
小沢「けっこういろいろアフリカもありますし…」
タモリ「え、アフリカも?」
小沢「はい、南アフリカはけっこうなんだかんだトータルで4ヶ月ぐらい」
タモリ「何やってるの、そのへんでフラフラ?」
小沢「そのへんでフラフラ、うん、それはとても好きですけれども。でもやっぱり、勉強したいというか、どんな風になっているのかな、世の中どんなところなんだろう、って旅行するのがすごく良くて。タモリさんもぜひ!ご勇退なさったら」
タモリ「あーいいですね、行きますよ。子供が生まれたらさすがに今はずっと無理?」
小沢「さすがにもうエチオピアとかは行けないですね。子供連れはよくない(笑)」
タモリ「過酷なところは駄目だ」
小沢「過酷なところは駄目。過酷、エチオピアは過酷ですよやっぱり」
タモリ「あ、そう。どういうふうに過酷?」
小沢「えーとねー、エチオピアはですねえ、外国人のことをみんな"ファランジ"っていう言葉があるんですよ。『ファランジ、ファランジ』って言って追っかけるっていうのがあって」
タモリ「追っかけられるの?」
小沢「そう、だから歩くと100人ぐらい後ろから『ファランジ、ファランジ』って言って追っかけられる(笑)」
客「えーー」
小沢「すっごく綺麗で、素晴らしいんですけども、子供がとにかく追っかける習慣があって、ちょっとプレッシャーがあって、外に出るとみんなダーって来て(笑)」
タモリ「追っかけて何をするの?」
小沢「いや何も。ぜんぜん、物をねだるとかもなくて」
タモリ「いじめるとかないの」
小沢「いじめるとかなくて。うーん、どういうつもりなんでしょうね(笑)」
タモリ「じゃあ外に出るときはそれを覚悟して行かなければいけないの?」
小沢「そうですね、またファランジって言われるなぁと思いながら行くんですけどね。でも、長くいるとだんだん向こうも慣れてきて、『あ、あいつね』みたいになりますよ(笑)」
タモリ「面白いところだねー」

小沢「あとはやっぱり高地の高いところと、空気が薄いところは辛いですね」
タモリ「あー。メキシコシティだって高いよね」
小沢「メキシコシティは僕よく行くのですが、あそこはまだまだで。ボリビアのラパスというところは標高4,000メートルで富士山より高いんですよ」
タモリ「あーラパスはそうだよ」
小沢「で、ラパスはトータルで4ヶ月…5ヶ月、ボリビアで6ヶ月いたことがあって」
タモリ「うん」
小沢「ほんとうに大変ですね、息するのが」
タモリ「へえ。富士山でも高山病になるぐらいだもんねえ」
小沢「お酒飲めないですねまったくもう」
タモリ「え、どうなるの」
小沢「(心臓が)バクバクってなっちゃいますよ。危ないですよ、みんな気を付けてください」
タモリ「え、現地の人は飲んでないの?」
小沢「現地の人は平気なんですけど、現地の人は山から降りてくるとお酒飲めないんですよ」
タモリ「あ、逆なんだ」
小沢「脚がバーって膨れちゃうんですよ」
タモリ「えぇー。ああ、そう。ラパスって鉄道いってるよね」
小沢「ラパス昔は鉄道あったんですけど、今はけっこう埋もれちゃっていて。全部バスで移動なんですけど、そのバスが必ず、ハイエース。日本のハイエースが必ずバスで走っていて、日本の中古車がいくんで、"なんとか幼稚園"とか書いてあるんですよ(笑)」
タモリ「あははは(笑)。そのまま使ってるんだ」
小沢「そのまま使ってますね。"京都なんとか寺"とか書いてあるんですよ」
タモリ「不思議な光景だよね」
小沢「そう。でもやっぱり日本の車は素晴らしいなと思って」
タモリ「地下鉄丸ノ内線の古い車両はアルゼンチンで走ってるらしいですよ」
小沢「あぁー」
タモリ「それも全部そのままで、"前照灯切り入り"とか書いてあるんですよ(笑)」
小沢「あります! あれは、グッとくるものがありますね(笑)」
タモリ「でも、住むところはアメリカがいいの?」
小沢「うん、ニューヨークは住んでると楽…でもそれはみんなが目黒区が好きと言ってるのと変わらないような(笑)」
タモリ「ははは(笑)」

(「まだまだオザケン♪」というテロップが表示され、CMに入る)

(CM明け、ギターを片手に座る)

タモリ「今日は歌っていただけると」
小沢「はい、もちろん」
客「(大拍手)」
タモリ「いいですねえ、目の前で聞けるってのは」
小沢「えっと、タモリさんと番組のスタッフみなさんに」

♪「ぼくらが旅に出る理由~さよならなんて云えないよ」のメドレー

(ギターを弾く小沢の手元をしみじみ見つめながら聞き入るタモリ)

小沢「長い間おつかれさまでした」
タモリ・客「(大拍手)」

♪「それはちょっと~ドアをノックするのは誰だ?」のメドレー

タモリ・客「(大拍手)」
タモリ「いやぁ贅沢だねえ」
小沢「はは、いや(照れる)」
タモリ「あれはいい歌なんですよねえ。"さよならなんて云えないよ"っていうのは好きな曲なんですよ」
小沢「ありがとうございます。"左をカーブを曲がると"っていうさっき歌ったところを、あの何というのかな、ほんとに本質をバシッと突かれて(※)。やっぱりほんと歌詞って面白いし」
※「あれ凄いよね、〝左へカーブを曲がると、光る海が見えてくる。僕は思う、この瞬間は続くと、いつまでも″って。俺、人生をあそこまで肯定できないもん」と以前タモリに指摘された。
タモリ「面白いね。特に(小沢君のは)面白いよね」
小沢「…本当にありがとうございます。光栄です」
タモリ「いやいや」

(CM)

タモリ「X/100アンケート。ピタリ賞が真ん中で、前後賞が2つあります。何いきましょう。女性が100人スイッチ持ってます」
小沢「えっと、搭乗券を持って飛行場へ向かって。飛行機に乗ろうと行ったんだけれども間に合わなくて駄目ですと言われて乗り遅れた人」
タモリ「おー。あるの?」
小沢「僕はあります(笑)」
タモリ「100人中何人だと思う」
小沢「11人!」
客「えー、多いー」
タモリ「いってみましょう。スイッチオン」
(16人と映される)
タモリ「おーーーけっこういるねえ!(笑)」
小沢「(指を鳴らして惜しいしぐさ)けっこう遅れるんですね」
タモリ「けっこう遅れるんだね。16%いる(笑)」

タモリ「じゃあ明日のゲストを紹介しましょう。この方です」
(モニターに安倍晋三首相が映し出される)
客「えーーーーーーーーーーーーーーーーー!」
(声を出さずに「えーーー」と驚くしぐさをする小沢)

(電話で秘書官とのやりとり略)

タモリ「小沢健二君でした!」
小沢「(拍手をしながらおじぎ)」


■花輪
椎名林檎
東京スカパラダイスオーケストラ
スチャダラパー
チャットモンチー
クラムボン
あやまんJAPAN
フジファブリック
やくしまるえつこ
よゐこ

イーエムアイ音楽出版株式会社
工○○○ ※読み取れない
ユニバーサルミュージック合同株式会社
HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP
未来検索ブラジル
○○編集部 ※読み取れない
SPACE SHOWER
(株)ENNBOSS
キョードー大阪
株式会社ケンテック 近藤健一朗 ※大花輪


■感想
「いいとも」と共に育ってきた私たち。小沢の曲は生きることの素晴らしさを歌ったものが多いから、今日の生演奏に自分の人生とか、時の流れを感じてグッときちゃった人も少なからずいたと思う。終わりを迎える「いいとも」にはなむけの歌を贈った小沢。そのための出演。いい放送だったなぁ、としみじみ。この瞬間は続くと、いつまでも。

関連記事
TAG :
小沢健二
タモリ
笑っていいとも!
弾き語り
テレビ
さよならなんて云えないよ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

このブログのメニュー
小沢健二 最新情報
小沢健二/小山田圭吾
フリッパーズ・ギター

小沢健二 小沢健二
2006年/2002年/1998年
1997年/1994年/1992年
外部サイト/オフィシャル

小山田圭吾(コーネリアス) 小山田圭吾
2003年/2002年/2001年
2000年/1999年/1998年
1997年/ 1994年
外部サイト/ オフィシャル

フリッパーズ・ギター フリッパーズ・ギター
1992年
山崎洋一郎による解説
解散時の反応
外部サイト

その他
ライブレポート/ 雑記

サイト内検索
ピックアップ
最新記事
タグ

小沢健二 ひふみよ 東京の街が奏でる 小山田圭吾 コンサート Ustream コーネリアス 我ら、時 展覧会 抽選 salyu×salyu 中目黒ラジオ チケット テレビ ポップ・アップ・ショップ ひふみよツアー 弾き語り パルコ タモリ 笑っていいとも! 坂本慎太郎 うさぎ! FANTASMA オペラシティ 柴田元幸 ゲスト フィッシュマンズ 結婚 モンキービジネス 読み物 中目黒テレビ 新町ラジオ Twitter ぼくらが旅に出る理由 フジファブリック ドゥワッチャライク セットリスト リマスター盤 未公開 砂原良徳 CD 表紙 相対性理論 メッセージ 今夜はブギー・バック ヘッド博士の世界塔 20周年 インタビュー さよならなんて云えないよ シッカショ節 デザインあ 真夜中の王国 東京大学 日比谷野外音楽堂 フリッパーズ・ギター 恋とマシンガン 小籔千豊 スチャダラパー 小山田米呂 ある光  まとめ ライブCD 作品集 Tシャツ 地図 エリザベス・コール 妊娠 MASHIROCK シークレット 田島貴男 マシロック 真城めぐみ パパ セッション パルコ・ミュージアム 『我ら、時』展覧会とポップ・アップ・ショップ カジヒデキ ライブ 子ども 生配信 ホフディラン Cornelius 布袋寅泰 ブギー・バック 予約 スケッチショウ アンケート 申込み 川勝正幸 凛音 息子 りおん 3D 

管理人

エコロ

Author:エコロ
都内在住、1978年生まれ♂。15歳のときに渋谷系の洗礼を受け以下略。元々は「ゴーダウンザドレイン」という同内容のサイトを2000年7月から運営していました。フジロック、朝霧JAMに小沢・小山田が来ますよーに!
twitter

FC2カウンター
PR
小沢・小山田アイテム
超LIFE
■超LIFE
2014年12月17日発売。小沢健二初のDVD映像集!

渋谷系
■渋谷系
2014年9月9日発売。「第7章 フリッパーズ症候群」

我ら、時 通常版
■我ら、時 通常版
2014年3月19日発売。ひふみよツアーからの3枚組ライブCD。

攻殻機動隊ARISE O.S.T.
■攻殻機動隊ARISE O.S.T.
2013年11月27日発売。小山田圭吾が手がけた、劇場版アニメ『攻殻機動隊ARISE』シリーズのオリジナル・サウンドトラック。

MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 12月号 [雑誌]
■MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 12月号
2013年11月20日発売。攻殻機動隊サントラ発売に合わせての、小山田へのインタビュー掲載。

NHK「デザインあ」
■NHK「デザインあ」
2013年1月23日発売。音楽をコーネリアスが手がけた同名番組のサウンドトラック。

小沢健二作品集 我ら、時
■小沢健二作品集 我ら、時
2010年「ひふみよ」ライブCD3枚組(31曲収録)、「ドゥワッチャライク 1994-1997」ほか同梱。15,000円(税込)。

MUSIC MAGAZINE(ミュージックマガジン 2012年5月号)
■ミュージックマガジン 2012年5月号
2012年4月20日発売。2010年に突然復活し、コンサートを行った小沢健二。今度はそのコンサートのCDを含むボックスの発売もアナウンスされた。独自の活動を展開するオザケンの“今”を考える。ボックス・セット「我ら、時」詳細レビュー+復活から今日までの動きを追う+独自の活動スタイルほか。

モンキービジネス 2011 Summer vol.14 いま必要なもの号
■モンキービジネス 2011 Summer vol.14 いま必要なもの号
2011年7月20日発売。小沢健二への最新インタビューが24ページ掲載!

CM4
■CM4
2012年9月5日発売。コーネリアスが手がけたリミックス作品集の第4弾。

■Sound & Recording Magazine 2012年9月号
坂本慎太郎「幽霊の気分で(cornelius mix)」の特別CDが付録で付いてきます。

Fantasma(初回限定盤)
■コーネリアス「Fantasma(初回限定)」
2010年11月3日発売。リマスター盤。「ファンタズマツアー」のDVD付き。


ミュージックマガジン 2010年12月号
■ミュージックマガジン 2010年12月号
小山田圭吾と砂原良徳が語る1997年と2010年の『FANTASMA』


■ミュージックマガジン 2010年5月号
4/20(木)発売。”オザケン”の魅力をその足跡から振り返る。


Sound & Recording Magazine 2010年11月号
■Sound & Recording Magazine 2010年11月号
小山田圭吾×砂原良徳対談。砂原は、「ヘッド博士の世界塔」を自分用にリマスターしているとのこと。欲しい…!

ROCKIN' ON JAPAN 2010年 05月号
■ROCKIN' ON JAPAN 2010年 05月号
小沢健二 書き下ろし「序文のようなもの」&2万字インタビュー再録。

小沢健二 アルバム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。